狂人日記

直前期なので更新は控えめです。読者諸氏、頑張りましょう。

034 3/27-28

【お知らせ】

3月いっぱいでブロランやめんので

https://rounin-rojin.hatenablog.jp

当ブログ読みたいよって思ってくれてる人はこのURLどっかにメモしといてください。

---

旅行。ひたすらに遊ぶ。

同じ塾の4人組で行く。テニスをするとのことで、元々の仲良し4人組からテニス嫌いを一人チェンジする形となった。高1ぶりのテニスは拷問と変わんねえ。全身の肉が裂けそうになる。しかも全然できねえ。腹立つ。四時間打った後はホテルで夜通しスマブラ。勿論X(wii)。7時から3時までし続けたので8時間耐久か。これもある意味拷問。でもスマブラもテニスも楽しすぎる。久しぶりだからかな。その郷愁が深夜テンションを撫ぜたのだろう。そしてくたくたの四肢に染み込んだのは、おまけに撫ぜられた慣れない物寂しさだった。

仲良し四人組のうちの一人、小学生の頃から顔なじみで中1から同じ部活の親友が北海道大学に進学することになった。勿論在学中は北の大地に住み込むこととなる。定期的に帰郷するらしいものの、ここが一つの大きな別れだ。正直なところ、彼より長い付き合いであったり、あるいは彼よりもずっと遊んだりした友人はいる。でもみんな東京に残るからすぐ会える。彼との別れは僕の人生で初めての別れだ。し、彼は彼だ。間違いなく、かけがえのない。卒業式に感じなかった寂しさが今更になって実感される。そりゃそうか、式に泣くんじゃなくて別れに泣くんだから。

僕たちの頰に涙が光らないこのご時世、奇しくも彼が選んだ道は工学部。その凛々しい猫目を輝かせ、文系の僕には想像もつかないようなメカかなんかで世界中の涙を枯らしてやって欲しい。理系はよく知らねーけどよ。達者でな。